Menu

20代で介護職に就くときは将来を考える

超高齢化社会を迎える現在では、介護職の重要が高く働き先に困ることはないでしょう。長く従事できるという点では大きく、20代の参入者も増えてきています。ただこの時に視野に入れておきたいのが、今は若く体力や筋力に自信があっても、少しずつ高齢になっていくという点です。

現在は介護が楽にできても、身体能力が衰えていくと経験や技術が備わっていても難しくなってしまいます。そのため長く介護業界で働き続けるためには、資格取得を考えた方が良いです。例えばケアマネージャーなどは専門の知識が必要となり簡単になれるものではないですが、求めが高くあると仕事先に困ることがなくなります。他にも国家資格である介護福祉士を取得しておくと、在宅介護も可能となり、より広い活躍が可能です。

現場で働き感謝されるというのは遣り甲斐になり、向いているようなそのまま続けるのも悪くはありません。しかし身体能力は年齢とともに衰えていくので、自分自身が高齢になった時でも楽に働ければ、将来に安定性を持たせられます。また若い頃に資格取得を考えるメリットとして、記憶力や集中力が高いというところも大きいです。試験内容はそれほど難しくありませんが、年をとると思っている以上に能力が低下してしまい、若い時の方が効率が良くなります。

将来を見据えて20代の頃からスキルアップを考えて行動していくと、将来に安心感を得られるでしょう。今だけではなく未来を考える、これが大切です。