Menu

介護職として働くなら20代が最適

20代で身に付ける仕事として、介護職は最適です。というのも、若さゆえのメリットを活かすことができ、デメリットでさえもメリットに置き換えてカバー出来るからです。若さの大きな特権と言えば、やはり体力面が挙げられます。介護職は、体力を求められることが多い仕事です。

仕事をこなすことで経験を付けることは可能ですが、疲れにくさや体力というのは、年齢を重ねるごとに反比例して行きますので、やはり若い年代に分があると言えます。また、20代のデメリットとも言える社会経験の少なさですが、介護職では、これを逆手にとってメリットとして活かすことも可能です。

知識が増え、自分なりのやり方が確立されてくると、指示通りに動いたり、アドバイスを受け入れることが難しくなります。全く新しい分野での仕事にも関わらず、前の仕事での考え方が抜けなかったり、比較して色々と考えてしまうといった弊害が生まれることも少なくありません。しかし、20代であれば、上司からの指示を素直に聞き入れることに難しさは少ないと言えます。また、自己流で何とかしてしまうといった癖が付いていることも少ないので、仕事をこなす上での不安要素が少ないという強みにもなります。

介護の仕事は、毎日が実践ですから、色々と難しく考えたり、自分で答えを見つけるというよりも、体を動かし仕事をこなして行くことが鍵になります。20代にとって、体力面と素直さという強みを活かせる介護職は、身に付けるべき最適な仕事の一つと言えます。